ジャパンレンタカー 店舗、保有台数、カラオケチェーン店も?

スポンサーリンク


ジャパンレンタカーという名前を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。東海地方を中心にレンタル業を営んでいる企業です。
今回は、ジャパンレンタカーの色々についてまとめてみました。ジャパンレンタカーとは一体どういうところなのか?またジャパンレンタカーの魅力や経営しているカラオケ店について。
そしてジャパンレンタカーの店舗数や名古屋店について調べてみましたので一度ご覧くださいね。

ジャパンレンタカーとは一体どういうところなの?


ジャパンレンタカーは、東海地方を拠点にレンタカーサービスやカラオケチェーン店を展開している企業です。
ジャパンレンタカーは、日本で初めてレンタカーとして貨物許可を取得しています。
創業はというと、1954年とかなり歴史がある企業であり、1966年に現在のジャパンレンタカーという社名に変更をしています。大都市部では、24時間営業を行うなど顧客ニーズに寄り添った営業を展開。
いろいろな事業を展開して現在に至っています。


ジャパンレンタカーの魅力は保有台数?


ジャパンレンタカーの魅力はどこにあるのかというと、なんと行っても業界を代表する保有台数です。
2016年時点で10000台を突破しているとのことです。レンタカー企業でこの保有台数は、凄いと言えますね。
さて色々と整備がされながら大きく急成長をしてきたジャパンレンタカーですが、どの事業も失敗し撤退をしていないというのがジャパンレンタカーの強みでしょう。
・ジャパンレンタカー経営のカラオケ店が人気
そんなジャパンレンタカーですが、1990年頃からカラオケ事業を開始しています。
カラオケ事業を開始してから徐々に店舗数が増えていき、2014年には、1000店舗に拡大していきいました。

もともとはレンタカー企業がスタートなのに、カラオケ店も軌道に乗っていますね。カラオケ店の料金体制もわかりやすいんです。
1室料金制となっています。食べ物や飲み物の持ち込みも出来るんです。冷蔵庫も完備されているので、よく冷やした飲み物を飲みながらカラオケすることができますね!

ジャパンレンタカーの店舗はどのぐらいの数がある?


ジャパンレンタカーが展開している店舗数ですが、どのぐらいあるか想像はつきますか?実は、東海地区にあるジャパンレンタカーの店舗数は、2018年3月の時点で52店舗あると言われています。
どこの県に多いのか県名ごとにまとめてみましたので見ていきましょう。愛知県(24店舗)、岐阜県(9店舗)、三重県(6店舗)、静岡県(3店舗)、長野県(3店舗)、東京都(1店舗)、富山県(2店舗)、滋賀県(2店舗)、福井県(1店舗)、石川県(1店舗)となっています。
愛知県が圧倒的に多いですね!


ジャパンレンタカーの営業店「名古屋店」を覗いてみた


ジャパンレンタカー名古屋店と言われる場所が2箇所存在します。名古屋駅前北店と名古屋駅前南店です。駅からすぐにおりて24時間営業されているので、旅行などの時にレンタルするのが良さそうですね。
駅のそばというのは、とても利便性が良いですよね。離れたところにあると、そこまでの移動距離や費用がかかりますが、駅からすぐであれば、借りやすいですし返しやすいです。

まとめ


ジャパンレンタカーについて色々とまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。急成長してきたジャパンレンタカー。経営の仕方がうまいのでしょうね。
どの事業も順調に軌道に乗り、現在も成り立っているものばかりです。顧客ニーズにキチンと答えている形が実績として残っているのでしょう。
今後もますます発展していくのではないかと予想されますね。期待できそうです!

スポンサーリンク