七五三のお祝いはいつ?親の服装や子供の着物、髪型は?

スポンサーリンク


七五三とは、子供の成長と健康を祝い、神社にお祈りをする日です。
昔のしきたりであれば、母親の実家はあわせ着物や紋付の羽織袴を贈り、親戚は草履や扇子などその他のものを贈ることが当たり前でした。
しかし現在は特に決まりなどがなくなり、子供の喜ぶようなおもちゃなどを与える方も多いようです。
そのため、七五三に関する正しい知識を持っている方が少なくなっているのも事実です。
今回はそんな七五三のお祝いはいつするのか、お祝い金はどれくらいがいいのか、子供や親の服装についてもまとめてみましたので参考にしてください。

七五三はいつする?



七五三のお祝いは11月15日とされています。
しかし、家族の都合や子供の体調に合わせて日程をずらしても問題ありません。
10月上旬まであるいは11月後半以降などに神社へいくと混雑時期にかぶることもありませんし、疲れる心配もありませんよ。
男の子は3歳と5歳に、女の子は3歳と7歳にお祈りをしに神社へ行くのが一般的です。
かつては数えの年齢で行うものとされていましたが、現在は満年齢で行う家庭も多いですよ。
私は満年齢で神社へお参りに行きました。
子供がもう少し大きくなってからのほうがお出かけしやすい、などもありますので子供に合わせて年齢を決めると良いですね!

七五三のお祝い金はいくら?


以前までは晴れ着などの贈り物をする方が多かったのですが、撮影料金やレンタル着物代などを考えて現金を贈るかたが多くなっています。
お祝い金の相場としては、自分の孫などであれば10000円から数万円、甥や姪の場合、5000円から10000円が妥当です。
のし袋には「御祝」や「祝七五三」と書いておきましょう。

七五三の親の服装は?


子供の晴れ着も大切ですが、もちろん親もしっかりとした服装にしておく必要があります。
一緒に写真を撮りますし、普段着はもちろんNGです。
かといって、子供が主役なのに親も晴れ着を着てしまってはどちらのお祝いなのかわからなくなりますよね。
親の服装は、保育園の入学式などでも使えるような落ち着いた印象を与えるスーツやワンピースなどがおすすめです。
子供が3歳の場合などは、まだまだ抱っこする機会が多いと思うので、動きやすい服装がいいですね。
もちろん子供に着物を着せる場合は和装でも問題ありません。
その場合、無地の着物や落ち着いた印象を与える着物にしておきましょう。


七五三の子供の着物は?(女の子)


七五三の子供に着せる着物は最近レンタルが多いです。
自分で購入する場合、そろえておきたいものを紹介します。
まずは着物、そして帯ですね。
最近では被布(ひふ)も主流になってきています。
着物の上からかぶせて着せるものです。
華やかな晴れ着の場合はシンプルな被布(ひふ)を、シンプルな着物の場合華やかな被布(ひふ)をあわせるととてもかわいいですよ。
襦袢や重ね襟、半襟、草履など一式、晴れ着に合わせたものを準備してあげてくださいね。

七五三での髪型は?


女の子は髪型を少し変えるだけでかなり印象が変わります。
せっかくの晴れ着なので、髪型をアレンジしていつもより可愛い姿を写真に収めてあげましょう。
晴れ着に合う髪型をまとめてみました。
まずは、落ち着いた印象を与えるために、前髪を下して後ろ髪をアップにする髪型です。
落ち着いた印象のある晴れ着を着せたときにおすすめですよ。
明るめの晴れ着を着せたときは前髪アップにすると顔が明るく見えます。
美容室で相談し、髪型を決めてもらうのもいいですね。
着物の写真を見せて髪型アレンジしてもらいましょう。


まとめ


今回は七五三についてまとめました。
子供の成長を願う行事、大人になってから写真を見返すと「こんなときもあったんだな」と思い返します。
一生に一度の写真になりますので、ぜひ気合を入れて準備してあげてくださいね!

スポンサーリンク