箱根神社(九頭龍神社)のアクセス・駐車場・時間は?どんなご利益がある?


かつてはあの有名は頼朝や家康も参拝したとされている箱根神社!
もともとは多くの武将が訪れる勝負の神として有名な神社なのです。
その後は、安産祈願や家内安全などさまさまな願い事をしに来る方が増え、一大パワースポットとして有名になりました。今回はそんな箱根神社のアクセスや駐車場などについてご紹介していきます。

箱根神社箱根神社(九頭龍神社)のアクセスは?


箱根神社(九頭龍神社)のアクセスからご紹介します。
実はこの神社のある元箱根には最寄りの駅は無く、バスもしくは車、船でアクセスしなくてはいけません。
最寄りの駅が無いというとびっくりしますが、実は元箱根は箱根地区のターミナルとなるエリアになっています。
そのため、鉄道やロープウェイの各主要駅からたくさんの路線バスが運行しているので特にアクセスに困るということはありませんよ。

伊豆箱根バス及び箱根登山バス「元箱根・箱根町」行きで約40分、
元箱根バス停で下車し、徒歩で10分のところに箱根神社があります。

ぜひ行ってみてくださいね。

箱根神社(九頭龍神社)の駐車場は?


バスで行けない、遠くから車を使い観光にやってきたという方は駐車場がなければ困りますよね。
箱根神社には駐車場もありますのでご安心ください。
神社に到着すると、「箱根神社駐車場入り口」があります。
そこからまっすぐ行くと車を止められる場所がありますよ。
第一駐車場から第三駐車場まで完備されているので車でも安心して観光することができますね。

箱根神社(九頭龍神社)参拝時間は?


ではここで、箱根神社の参拝時間をチェックしておきましょう!
参拝時間は大体朝9時から夕方4時までになっています。
九頭龍神社へも同じくらいの時間に行くとゆっくり楽しめるかもしれませんね♬
参拝料金などはかからず、すべて見て回るのに約60分かかります。
参考にしてみてくださいね。


箱根神社(九頭龍神社)はどんなご利益がある?


冒頭でお伝えした通り、箱根神社は昔、勝負の神としてご利益があるといわれていました。
しかし現在、一大パワースポットとなり交通安全や家内安全などにもご利益があるといわれています。
九頭龍神社は、縁結びの神様としてかなり有名ですよね。
縁結び以外にも、水の神様として開運や金運にもご利益があるとされています。
箱根神社と九頭龍神社は切っても切れない縁で結ばれているといわれていて、九頭龍神社に行った後は箱根神社に行くという流れができているのです。
それが「両社参り」といいます。
関東総鎮守として箱根の山に鎮まる「箱根大神」と、水の力を持っている九頭龍様にお参りすればよりご利益があるに違いない!という考えから始まったのが両社参りです。
せっかく訪れたのですから、ぜひ両社参りを行ってくださいね。

箱根神社と九頭龍神社の違いは?


そもそも、箱根神社と九頭龍神社の違いを知らない方もいると思うので簡単にご紹介したいと思います。

ご利益でも説明したように、箱根神社は勝負の神様、そして九頭龍神社は縁結びの神様がいると有名です。この二つの神社を「両社参りすればいい」と説明しましたが、それにはしっかりとした理由があるのです。
実は、箱根神社が創立されたあとに神と仏を結ぶといわれている「聖僧」である万巻上人が里にいる人たちを苦しめていた毒龍を「箱根大神」の霊力を使い払ったといわれています。そしてそれ以降守護神として「九頭龍神社」でまつられることになったのです。
そのため、この二つの神社は切っても切れない縁があり両社参りすれば、恋愛運だけでなく金運や国運、仕事運などさまざまなご利益があるといわれているんです。
場所もかなり近いのでぜひ訪れてみてくださいね。

まとめ


今回は箱根神社(九頭龍神社)についてご紹介しました。
縁結びとして有名なのは知っていましたが、両社参りの存在など私は知らなかったので驚きです(笑)
観光などで行く機会があればぜひ、両社参り行ってみてくださいね。

スポンサーリンク